鳴き虫沢(仙台市郊外名取川支流)
登山日2011/09/10(土)
天候 晴れ時々薄曇
形態:単独
姉滝標識前駐車8:00→シン滝を過ぎゴーロ帯を行くが方向がきまらず、途中で引き返す。
↓15m2段の滝。今回は左側を高巻く。前回はここの
 滝の一段目を登り、2段目はザイルを使って上る。
↓鳴き虫沢出合いから小さな滝が続く。
次へ
今年になって沢登りははじめてだった。
最近、頭痛がひどく病院を4院も変え5院目でやっと安心できる先生にめぐりあった。体を横にすると
頭痛が増す。寝ることは苦痛のなにものでもない。病名は「緊張性頭痛」。
4院では頭痛薬をもらった。病院を変る度、頭痛薬はその強さを増していった。最後の先生は頭痛薬は
今の症状には逆効果と判断して頭痛薬は処方されなかった。頭の筋肉の緊張を緩和するクスリがでた。
(余談が多すぎた)
二口地域で大行沢は全国的に有名だが、いまいち渓相が暗く、あまり行く気はしない。
(ファンの方にはお叱りをうけるが)
この鳴虫沢は同じ地域の沢だけあって渓相は似るがこちらの沢はこじんまりとしていている。
しかし、侮れない滝も数箇所ある。
今回いろいろなテストを兼ねての遡行でもあった。体調、体力、ザイルワーク等々。
今月は北アルプスのバリエーションコースを予定する(体調が心配だな)
inserted by FC2 system